ほくほく♪カボチャ 2010年春夏

秋の実り

今年も暑い暑い夏が終わりにちかづき、秋の気配が少し暑くもありますが風が心地よいここ日吉

 

WEEKEND百姓学校であります。

 

今年の夏の終わりには去年より沢山の野菜たちが収穫できました。

 

一つの野菜につき多品種の野菜を作り種取りができるもの、種芋にできるものなどもがあり、去年より今年、昨日より今日といった感じで週末自給農をこなしています。

 

またメンバーも増え6人体制で作業を行えるようになってきました。

 

また9月5日に東京海上日動火災保険株式会社さんが推進されている「Green Gift」プロジェクト。


去年に引き続き今年も百姓学校のイベント「サツマイモ収穫体験」をサポートいただけました。

 

こちらも大盛況におえることができました。

 

今年は昨年よりも参加人数がましてでのイベントでもあり大変でしたが皆様の多くの喜んだ笑顔をみる事ができ充実感に満ちた1日となりよき経験にもなりました。

 

秋は実り。

 

これからまた種を蒔くもの、収穫するものが沢山あります。


メンバ−6人と力を合わせこれからもWEEKEND百姓学校を盛り上げていきたいと思います。

 

のんびりと地に足をつけて。

0 コメント

カボチャ畑の草刈り

 

男性陣が田んぼでがんばってくれている間、

女性陣はスクナカボチャの畑の草刈りに出かけました。

 

6月1週目に植えた苗も、

4週間でほらこの通り。

1 コメント

カボチャ種まき&苗の植え付け

週末農業を始めて「まず作りたい!」と思うのが、じゃがいもに続いてカボチャです。(もちろん、夏野菜もありますが・・・)

今日はついに念願のカボチャ作りをスタートしました。

 

1.前日までに牧草刈り・耕うんを済ませておいた畑に1.5m間隔で穴を掘ります。

2.穴に牛ふんをたっぷり入れます。(10kg入の牛ふん1/3くらい)

3.土をかぶせていきます。掘った穴の上に山ができるように。

4.山の頂上に種をまく(苗を植える)くぼみをつけます。

5.水をたっぷりやります。

6.種なら2粒、5cmくらいあけて播きます。苗も2株、少し間隔をあけて植えます。

7.種の場合は土を少しかぶせます。苗の場合はしっかり固定するように根元を手で押さえます。

8.あんどんを作ります。

 

今年のWE100は、西洋カボチャの一種「栗えびす」と飛騨の伝統品種「宿儺(すくな)かぼちゃ」を作ります。

栗えびすは種を直播き、宿儺かぼちゃはポットで育てた苗を植え付けました。

 

0 コメント