じゃがいも畑〜2010年春編〜

秋の実り

今年も暑い暑い夏が終わりにちかづき、秋の気配が少し暑くもありますが風が心地よいここ日吉

 

WEEKEND百姓学校であります。

 

今年の夏の終わりには去年より沢山の野菜たちが収穫できました。

 

一つの野菜につき多品種の野菜を作り種取りができるもの、種芋にできるものなどもがあり、去年より今年、昨日より今日といった感じで週末自給農をこなしています。

 

またメンバーも増え6人体制で作業を行えるようになってきました。

 

また9月5日に東京海上日動火災保険株式会社さんが推進されている「Green Gift」プロジェクト。


去年に引き続き今年も百姓学校のイベント「サツマイモ収穫体験」をサポートいただけました。

 

こちらも大盛況におえることができました。

 

今年は昨年よりも参加人数がましてでのイベントでもあり大変でしたが皆様の多くの喜んだ笑顔をみる事ができ充実感に満ちた1日となりよき経験にもなりました。

 

秋は実り。

 

これからまた種を蒔くもの、収穫するものが沢山あります。


メンバ−6人と力を合わせこれからもWEEKEND百姓学校を盛り上げていきたいと思います。

 

のんびりと地に足をつけて。

0 コメント

ジャガイモの芽かき、土寄せ

before:中耕、土寄せ前の畑
before:中耕、土寄せ前の畑

 今日は本来の定例ではありませんが、農作業が詰まっているためジャガイモの芽かき、中耕、土寄せをしました。

 3人での作業でしたが、とりあえず一番広いジャガイモ畑の作業を終えることができました。

 

 ジャガイモ畑は、以前牧草を植えていたため、ちょっと目を離すと雑草と共に元気に牧草が育ってきます。今日はその雑草と牧草を中耕により取り除きました。


 いざ中耕を始めようとすると問題発生!

 ジャガイモ畑のどこを見ても管理機の侵入スペースが…。

 というわけで、一番右側のジャガイモを少しだけ?なぎ倒しながらの中耕となりました。

 次回は管理機の侵入スペースをとることに注意しましょう。


after:中耕、土寄せ後の畑
after:中耕、土寄せ後の畑

 右の写真は中耕、土寄せ後の畑の様子です。

 上の写真と比べると、作業前は一面に生えた雑草で雑然としていたジャガイモ畑も、作業後は雑草の姿も見えなくなり、整然として美しいです。

0 コメント

ようやく発芽しました

4月18日の男爵
4月18日の男爵

3月20日にじゃがいもを植え付けしてから、百姓学校は数々の不運に見舞われました。

というのも、植え付け直後から毎日のように雨が降り、真冬に戻ったかのような異常気象の日々。

あげくの果てに、4月に入ってからも霜が降りる日が続き・・・。

 

じゃがいもは良く晴れた日に植え付けをしないと、水分を含んだ土中で種いもが窒息してしまうそうです。

晴れ間を狙って植え付けしたものの、その後の雨続きのおかげで私たち研修生は「ちゃんと発芽してくれるだろうか?」と気をもんでいました。

 

そんな心配をよそに、じゃがいもたちはしっかりと種いもの栄養を吸って、元気よく芽を出し始めました。

写真(右上)の新芽は4月18日に撮影した「男爵」です。

まだ芽は小さいけれど、濃いグリーンの葉を勢いよく伸ばそうとしているようです。

 

5月2日の男爵
5月2日の男爵

つづいて、こちら(右下)の写真が今日の「男爵」。

先日までの悪天候にもめげず、ずいぶん大きく成長しました。

ただし、今日は芽かきをする予定でいましたが、まだ1〜2本の芽なのでもう少し先になりそうです。

 

ちなみに芽かきは、長さが10センチ程度になった頃、勢いのある芽を1〜2本残して抜き取ることです。

葉や茎を大きく生育させる「栄養成長」をいも本体を大きくする「生殖生長」に切り替えるためです。

 

じゃがいも畑の草取り作業
じゃがいも畑の草取り作業

春の日光の恵みを受けて大きく育つのは作物だけではありません。

雑草たちも勢いよく、しかもしつこく、じゃがいもの生育の邪魔をしようと、そこら中に蔓延っています。

今日は研修生全員でじゃがいも畑一面の草取りをしました。

野菜づくりは雑草との戦いです・・・。

0 コメント

じゃがいも植え付け

4種のじゃがいも
4種のじゃがいも

週末はあいにくの雨天続きで計画通り進まなかったじゃがいもの植え付け。

今週も天候はあやしいものの、土曜日だけは晴れるという天気予報を信じて、ついに決行することになりました。

 

<この春、共同畑で作るじゃがいもの種類と量>

  • 男爵 20kg      (写真左手前)
  • 北あかり 20kg    (写真左奥)
  • メークイン 10kg   (写真右手前)
  • アンデスレッド 3.2kg(写真右奥)

 

<今日の作業内容>

 

(1)種いもを半分に切って草木灰をつけ、乾かす

(2)じゃがいも畑の再耕うん

(3)畝立て

(4)4種類のじゃがいもを植え付け(半分)

 

 

種いもの切り分け方法

 

<小倉流じゃがいも植え付けのポイント>

 

(1)水はけの悪い畑では、じゃがいもが腐ってしまう(窒息死する)ので境界にしっかり水路を作っておく

(2)畝幅は1m。畝立ての際は、なるべく深く掘る(20〜25cm程度)

(3)種いもの間隔は50cm。草木灰をつけた断面を下にして植え付ける

(4)種いもの栄養分で芽が育つので、植え付け時に肥料はやらない

(5)覆土は種いもの3倍。土をかけすぎないように注意する

 

 

じゃがいも植え付け

3 コメント

耕うん作業を行いました

いよいよ野菜づくりの季節になりました。

冬は最低気温がマイナス8度になる百姓学校では、

土の表面が凍ってしまうので、

なかなか思うように作業ができません。

 

この日はお天気も良く、3月中旬くらいの気候でしたので、

じゃがいも畑の耕耘作業を行いました。

 

トラクター1台と、小型の耕耘機2台で縦長の農地を何往復もして

丁寧に耕していきます。

昨年はカボチャを栽培していた畑ですが、カボチャの収穫後に

牧草(クローバー)を植えました。牧草は牛さんたちの飼料となり、

また、マメ科特有の根粒菌により、土の状態を良くしてくれます。

 

そのおかげなのか、土はふかふかでいい気持ち。

ここなら美味しいじゃがいもがたくさん育つはず!

・・・と植え付け前から期待が膨らみます。

作業が終わったあと、研修生みんなで集合写真を撮るよ〜!

ということでトラクターに集合。

 

ハイ、ポーズ!

・・・あれ? 校長先生にピントが合ってしまったみたい。。。

 

なにはともあれ、今日もお疲れさまでした〜 (^^

2 コメント