ワイワイ収穫感謝祭に約70名の方々が

2010年11月20日、土曜日の午前11時。

瑞浪市日吉町社別当地区、はじめての収穫感謝祭を開催しました。

 

同地区の方々をはじめ、近隣や名古屋などから関係者を含め

約70名ほどの方々のご参加、

 

さらには瑞浪市長、市総務部長、農林課長、

まちづくり推進協議会からもご参加頂き、

 

ささやかでしたが芋煮、社別当米の五平餅、オニギリ、

そして社別当農産物の即売(サトイモ、大根、ヤーコン、キウィ)など

「社別当プロジェクト」精一杯背伸びしての催しとなりました。

 

皆様、本当にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

 

 

さあ、収穫感謝祭の始まり!
さあ、収穫感謝祭の始まり!
たくさんの方にお越し頂きました
たくさんの方にお越し頂きました
天気も快晴!
天気も快晴!
野菜即売も大にぎわい
野菜即売も大にぎわい
ささやかですが可愛い収穫物たちがずらり
ささやかですが可愛い収穫物たちがずらり
みなさんにご協力頂きました
みなさんにご協力頂きました
社別当米、味はいかがでしたか?
社別当米、味はいかがでしたか?
また社別当へ遊びにきてね!
また社別当へ遊びにきてね!

5月半ばより社別当・本田広由喜さん、ウィークエンド百姓学校が協力し

熊谷市議のお骨折りもあって、地区の皆さんのご承認のもとに始まった

この「休耕農地再生実験活動」。

 

日本の抱える根本問題である農業の危機、地域の危機を

のりこえて再生していくための小さな切り口になりたいとの思いで、

6ヶ月間、社別当地区の渡辺さんファミリーや本田さんの甥にあたる林さん、

多治見の飯田さん、その他、ご近所や遠方の方々のご協力も得て

田や畑を「にわか百姓=ウィークエンド百姓」と化してつくってきました。

 

十分ではありませんが、なんとか米、サトイモ、大根、ナス、カボチャ、

ソバ、ハーブ、ワケギなどを収穫することができました。

 

やっと入口に足を一歩踏み入れた、というところでしょうか。

 

農山村の皆さん、都市部のみなさんが協力し合って、

ウィークエンド百姓スタイルで食糧自給、

さらには多少なりとも収入の一助となるような形が可能となるか、どうか。

 

実験は始まったばかりです。

 

今後とも多くの方々のご参加・ご支援・ご協力を熱望しています。

ぜひ……

 

末尾となりましたが、駐車場をお借りした慈照寺様、

ご参加頂きましたご近所の方々、

市長はじめ瑞浪市役所の皆様に

改めて御礼申し上げます。