稲刈り実習 IN 福地

手刈り風景
手刈り風景

今日は朝から清々しい快晴。

稲作特別講師 山田さんの経営される福地ハイランズ(八百津町福地)にて稲刈り実習をしました。

稲刈りは、2畝と3畝程度の2枚の田んぼ。

2畝の田んぼは、黒米と赤米を不耕起で栽培しています。

3畝の田んぼは、黒米です。

参加メンバーは、山田講師、守屋氏、助っ人大森氏、平岡の4名です。

まずは、手刈りと刈り取った稲の縛り方を教えていただきました。

昨年、百姓学校の稲刈りで学習したことを思い出しながら実習しました。

バインダーの故障
バインダーの故障

手刈りを少し体験してから、1条刈りバインダーの登場です。

やはり機械での作業は早いです。

5畝の田んぼも楽々稲刈りかと思ったのですが、刈り始めて間もなくトラブル発生!

「もしかして全部手刈りに…おそろしい」と一瞬不安が頭を過りましたが、何とかエンジン始動し作業を続行しました。

やはり農作業にはトラブルが付きものです。

左:赤米 右:黒米
左:赤米 右:黒米

写真は、不耕起栽培の左:赤米、右:黒米です。

写真でも何とか分かると思います。

赤米は、稲の高さが低いです。

お疲れさま〜
お疲れさま〜

15:00 稲刈り、はざ掛け作業を終了しました。

みなさんお疲れさまでした。

コンバイン
コンバイン

最後に、写真は福地ハイランズの主力兵器です。

戦車?いやいやコンバインです。

側面のカバーを外すとまるで戦車のようです。