W.E.100が目指すもの〜The Diver City構想〜

Diver City(ダイバシティ)について

 

NPOマザービジョンとW.E.100(ウィークエンド百姓学校)では、近い将来週末自給農をめざす方々のためのフィールドづくりを着実に進めています。

地元の方々との連携を大切にした新たな地域共同体をめざし、休耕地を再生し、たくさんの人々がそこを訪れてくれるような「ニュージャパニーズ ビレッジ=新たな里山」ができるといいですね。

人と植物とあらゆる生物が共棲するところ。生物多様性が「概念」でなく具体化されているところ。「ダイヴァシティ=多様性=DIVERSITY」をもじって、「Diver City」と名付けました。

ここに掲げた絵は、そのイメージスケッチです。

 

 

Diver City 全体図